えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

長年愛されて来た、心に残る、そして心おどる、絵本をご案内します。

おじいさんとの思いでのお話 ”おじいちゃん わすれないよ”

おじいさんわすれないよ 作 ベッテ・ウェステラ 訳 野坂悦子 絵 ハルメン・ファン・ストラーテン (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ヨーストはおじいちゃんの椅子から動こうとしません。 おじいちゃんの入った棺を見つめると、涙が出てき…

おじいさんから親子3代のお話 ”おじいさんの旅”

おじいさんの旅 作 アレン・セイ 絵 アレン・セイ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 作者の自伝的絵本ですが、お話はおじいさんの代に遡ります。 おそらく明治時代でしょう。 だから、やっぱり「むかしむかし、おじいさんは・・・」とい…

おじいさんがいつも話してくれるお話 ”いつも だれかが・・・”

いつも だれかが・・・ 作 ユッタ・バウアー 訳 上田真而子 絵 ユッタ・バウアー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); おじいさんはいつも話をしてくれます。 おじいさんは何をやってもうまくいったんだって。 高い木に登っても、深いところ…

作者のお父さんのお話 ”あたまにつまった石ころが”

あたまにつまった石ころが 作 キャロル・オーティス・ハースト 訳 千葉茂樹 絵 ジェイムズ・スティーブンソン (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 絵本でノンフィクションは珍しいのですが、2001年度ボストングローブ・ホーンブック賞…

生まれてくる、赤ちゃんのゆりかごをみんなでつくるお話 ”あかちゃんのゆりかご”

あかちゃんのゆりかご 作 レベッカ・ボンド 訳 さくま ゆみこ 絵 レベッカ・ボンド (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 赤ちゃんがもうすぐ生まれてきます。 だからお父さんは揺りかごを作ります。 つくりながら、静かに揺れる舟や、高い木…

いなかのおばあちゃんの・・ ”あかいでんしゃ きいろいなのはな”

あかいでんしゃ きいろいなのはな 作 岩崎里香 絵 岩崎里香 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ぼくは夏休みに赤い電車に乗って、お父さんのいなかに行くのが楽しみ。 でも一番楽しみなのは、いとこのすみちゃんに会えること。 みんなと遊…

3びきのこぶたの話のような?? ”3びきのぶたたち”

3びきのぶたたち 作 デイヴィッド・ウイーズナー 江國香織 訳 絵 デイヴィッド・ウイーズナー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 3びきのこぶたがいて、それぞれわらの家、木の枝の家、レンガの家を建てます。 そこへオオカミがやってき…

クリスマスイブのふしぎなお話 ”急行「北極号」”

急行「北極号」 作 クリス・ヴァン・オールズバーグ 村上春樹 訳 絵 クリス・ヴァン・オールズバーグ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サンタクロースはいる、いない? 大人のなかでは、信じている人は、ほとんどいないでしょう。 大人…

流された橋の上にきつねとうさぎ。。のお話 ”ゆらゆらばしのうえで”

ゆらゆらばしのうえで 作 きむらゆういち 絵 はたこうしろう (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 何日も降り続いた雨のせいで川は濁流になり、橋は散々に痛めつけられています。 そこへきつねがうさぎを追いかけてやってきます。 二匹が橋…

腹ペコさんと不思議な絵のお話 ”ヘリオさんとふしぎななべ”

ヘリオさんとふしぎななべ 作 市居みか 絵 市居みか (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ヘリオさん、フルネームはハラ・ヘリオ。 すぐに売れないお腹をすかせた画家だってわかります。 ある日、パンとおなじ値段だったので、なべの絵が気…

森永ヒ素ミルクからのお話 ”はせがわくんきらいや”

はせがわくんきらいや 作 長谷川集平 絵 長谷川集平 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ぼくは、はせがわくんがきらいです。 どうしてかっていうと、いっしょにいたらおもしろくないからです。 なにやってもへただし、すぐにへたってしま…

手足の短い犬のお話 ”ヌードル”

ヌードル 作 マンロー・リーフ 訳 福本友美子 絵 ルドウィッヒ・ベーメルマンス (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 鼻も胴体もシッポもとても長い犬ヌードル。 でも背はとても低い。 足と手が短いわけです。 そんなヌードルがある日、骨の…

学校でのトイレはキライ ”トイレにいっていいですか”

トイレにいっていいですか 作 寺村輝夫 絵 和歌山静子 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 小学校に入ったばかりのオムくんはトイレがきらい。 休み時間には上級生がたくさん来て、オムくんは後回し。 意地悪な子もいて、とうとう逃げ出し…

日常の風景を絵本にしてみた ”そして犬は走ってゆきます”

そして犬は走ってゆきます 作 五味太郎 絵 五味太郎 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 町のいろいろな場所で、いろいろな人が、いろいろな仕事や遊びや家事や勉強やいたずらをしている。 そんな毎日の日常風景を絵本にしてみたらどうだろ…

大人の物語としても読めそう、とにかく怖いお話 ”うさぎのおいしい食べ方”

うさぎのおいしい食べ方 作 きむらゆういち 絵 山下ケンジ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); おおかみのゴンノスケは、思いっきりうさぎが食べたいと考えていました。 そこへタイミングよすぎるくらいに、うさぎが通りかかります。 ゴン…

命を感じさせてくれるお話 ”いのちは見えるよ”

作 及川和男 絵 長野ヒデ子 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); エリちゃんの隣に住んでいるルミさんは目が見えません。 盲学校の先生をしています。 少しだけ目の見える夫のアキラさんはマッサージの仕事。 今、二人に赤ちゃんが生まれそ…

時空を超えて、スペインを旅するお話 ”旅の絵本Ⅴ”

旅の絵本Ⅴ 絵 安野光雅 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スペインの旅を描いた作品ですが、行き先は時間と空間を越えていきます。 19世紀末に着工したサグラダ・ファミリアは今だ完成せず、完成まで後100年かかるとも200年かか…

不思議な旅するベットのお話 ”旅するベット”

旅するベッド 作 ジョン・バーニンガム 訳 長田弘 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); パパといっしょにベッドを買いに出かけたジョージー。 古物屋で見つけたベッドは不思議なベッド。 どこでも自由に旅ができるベッドらしい。 買って家に…

ナンセンス風味いっぱいのお話 ”校長先生のあたま”

校長先生のあたま 作 長 新太 絵 長 新太 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); もともと毛がなくてとがっていた校長先生のあたまが、最近ますますとがっていくのだ。 お医者さんにもわからない。 本人も気にしている様子。 そのうち一つの噂…

大きなクマさんとちいさなヤマネくんのお話 ”もりいちばんのおともだち”

もりいちばんのおともだち 作 ふくざわゆみこ 絵 ふくざわゆみこ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 森で一番大きなクマさんは小さなものが好き。 森で一番小さなヤマネくんは大きなものが好き。 だから二人(匹?)は森一番の友達になり…

平和村の子どもたちのお話 ”マリアンナとパルーシャ”

マリアンナとパルーシャ 作 東ちづる 絵 東ちづる // 学校の近くで地雷を踏んだマリアンナの左足は曲がらず、もう走れない。 妹も弟も地雷で死んだ。 市場でママといっしょに買い物をしていたパルーシャは、兵士に撃たれ右足をなくし、ママは死んでしまった…

海に浮かぶ不思議な島でのお話 ”プキプキとポイ”

プキプキとポイ 作 ヤーミー(山本昌美) 絵 ヤーミー(山本昌美) // ヤッポ島に住む女の子プキプキとサルのポイは仲良し。 ヤッポ島は不思議な島で海に浮かびながら動いています。 どこへ行くのか誰も知りません。 そんなある日、プキプキとポイは虹の浜に…

つつみあれいさんのデビュー作 ”ピーナッちゃんとドーナッちゃん”

ピーナッちゃんとドーナッちゃん 作 つつみあれい 絵 つつみあれい // ピーナッちゃんとピーナッくんは仲良くデート。 ところがゴキブリが出てきて、ピーナッちゃんは壁に激突。 ぱっくり割れて、中からふたごのピーナツ。 ころがっていくピーナツをドーナッ…

ドーナツときのこのこどもたちのお話 ”ドーナッちゃんとモンブラリン”

ドーナッちゃんとモンブラリン 作 つつみあれい 絵 つつみあれい // ドーナツのドーナッちゃんが、きのこのママとじゅっつご(10人のこども)ちゃんと、しりとり遊びを始めます。 ドーナッちゃんの番は最後。 考えたあげく、「マロン」と言って負けになり…

琵琶湖に浮かぶ沖島のお話 ”ぎんのなみおどる”

ぎんのなみおどる 作 今関信子 絵 飯野和好 // 舞台は琵琶湖に浮かぶ沖島。 ようへいは沖島小学校の生徒。 文化まつりが近づいて、「たいりょうだいこ」のけいこに励んでいる。 午後、滋賀県の小学校5年生が順番に乗り、水のことを考える船「うみのこ」に手…

信太山の幻想的な盆踊りのお話 ”きつねのぼんおどり”

きつねのぼんおどり 作 山下明生 絵 宇野亜喜良 // お盆の三日目。 「ぼく」は河口でつりをしている。 お盆には、なくなったものの魂がこの世に戻ってくるという。 そのせいか、魚はちっとも釣れない。 後ろから声がする。 お盆だから魚も盆踊りに行ったんだ…

かいけつゾロリシリーズ ”まほうつかいのでし”

かいけつゾロリのまほうつかいのでし 作 原ゆたか 絵 原ゆたか // パンツとパンダでパンツンダ、ネズミとミミズでネズミミズ、 コウモリとカサでコウモリガサ(これはそのまんま)、 これ悪い魔法使いに合体させられた動物たちです。 たすけを求められたゾロ…

お化けがみんなで、海水浴?のお話 ”お化けの海水浴”

お化けの海水浴 作 川端 誠 絵 川端 誠 // お化け屋敷の面々が今年も海にやってきました。 一つ目小僧、ろくろっ首、三つ目の大入道、砂かけばばあ、とみんな昔からおなじみのお化けたちです。 からかさがビーチパラソルです。 砂かけばばあはここの海岸の砂…

故郷の自然を感じさせるお話 ”オニヤンマ空へ”

オニヤンマ空へ 作 最上一平 絵 市居みか // たけると両親は毎年夏の始にお墓参りをします。 その後、風の谷公園でおべんとうを食べ、魚とり。 今年は小さなどじょう二匹と大きなヤゴがとれました。 たけるには妹がいたけど、心臓の病気で生まれて7日しか生…

国際アンデルセン賞受賞作品 ”おいしそうなバレエ”

おいしそうなバレエ 作 ジェイムズ・マーシャル 絵 モーリス・センダック // 痩せて腹をすかせたオオカミが知らない街角に迷い込みます。 するとおいしそうな匂いがしてきました。 これはブタの匂い! それは近くの劇場からしてきます。 SWINE LAKE(白ブタ…