えほん♪絵本♪えほん こころに残るすてきな絵本 100絵本

長年愛されて来た、心に残る、そして心おどる、絵本をご案内します。

不思議な森のお話 ”うさぎのくにへ”

 

f:id:pcpisjp:20201102140902j:plain





作 ジビュレ・フォン・オルファースト 訳 秦 理絵子

 

 

森の中。


二人の子供が寝ている間にお父さんはきのことり。


目をさます子供のたちの前に、うさぎのお母さんが現れます。


お母さんうさぎに連れて行ってもらったうさぎの家には、子うさぎたちがたくさんいます。


うさぎ服を作ってもらって、子うさぎたちと仲良しに。


さて、森の番人、猟師が現れるのですが・・・。

 

 


作者のオルファースは19世紀後半、プロイセンの貴族の家柄に生まれた早世の絵本作家。


生涯の作品は8冊。


でもみんなドイツ古典の傑作だそうです


秦さんの訳はオイリュトミスト(オイリュトミーというのは、目にみえない音楽や言葉を、身振りや空間の動きで表現し、目に見えるようする運動芸術)だけあって、美しいリズムが躍動しています。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************